共同創造 Co-production 資料06: TLAP「co-productionの10の秘訣」平易版

共同創造(コプロダクション)とは、のさまざまな説明を読んでいます。今回は、
think local act personal の平易版(Easy Read version) のご紹介です。
共同創造の10の秘訣 Our top 10 tips for Co-production
(アクセス:2020年7月25日)

共同創造(コプロダクション)とは?
共同創造とは、共に取り組むやり方のひとつです。
共に取り組むのは、たとえば読みやすいチラシを作るといったことから、新しい事業の企画をすることまで、なんでもかまいません。
事業やサービスに何が必要かを一番わかっているのは、その事業を利用している人達だというのが大事な点です。
そこには、その利用者の家族なども入ります。
対等な存在として共に取り組むことによって、人々が大切だと思うことが取り入れられます。

共同創造(コプロダクション)の私たちにとっての10の秘訣
1.共同創造は、そこにいる人は皆、対等な立場で発言ができるという考えからはじまります。
2.一番最初の時点から、そのサービスを利用する立場の人々も含まれていなければなりません。
3.計画段階から実行、評価まで、全てに、人々が関わります。
4.共同創造がうまくいくには、前線で働く人から管理者まで、そこに関わる全ての人々の思いが一つでなければなりません。
5.小さいことからはじめ大きなプロジェクトへと積み上げていきます。そして専門職ではなく、人々(市民)が主導します。
6.共同創造には、それぞれ異なる技術を持つ人々が必要です。
7.共同創造を支えるために適したスタッフを確保します。
8.サービスを利用している人々は、何が必要かを明確にし、それが実現するようしっかりと取り組みます。
9.サービスを利用している人々は、役立つものが何かを知っているので、彼ら抜きではよいものはできません。
10.誰かだけが全ての問題を解決しなければならないと考えなくてよい、グループが一緒に解決できます。

そして上記のほかに、共同創造が起きるために、
十分なお金とサポートがあること、たとえば謝金や交通費、わかりやすい情報、アクセス
スタッフにも十分な時間や必要なものがあること
誰かが他の人よりえらいといったことはない
適切なサポートがあれば誰もが貢献できる
耳を傾けることで人々の持っているものが引き出される手助けとなる
言われたことを検討し、行動する
力を分かち合うことを学ぶ、
などのこつも書かれています。

平易版は、字も大きく読みやすく、また、このような平易な言葉で表現することで、
より本質に近づいていく部分もあるように思いました。

東京大学 コプロダクション研究チーム 宮本有紀
—————————————-

「リカバリーカレッジおおた」の発足

このたび、東京都大田区で、「リカバリーカレッジおおた」が発足することになりました。

2020年7月17日(金)に第一回セミナーが行われます。詳しくはこちら↓をご参照ください
https://porque.tokyo/2020/07/07/post-2253/

-お知らせ抜粋-
■日時:2020年7月17日(金)19時~21時
■参加費:無料(初回のお披露目として無料実施とします。次回以降、会の継続のため有料実施の予定です)
■主催:精神障害当事者会ポルケ/ リカバリーカレッジおおた
■助成:公益財団法人キリン福祉財団

■申し込み方法
第1回 リカバリーカレッジおおた参加申し込みフォームです。
新型コロナウィルスの影響を考慮して、オンライン(zoomウェビナー)での実施になります。
下記リンクよりお申込みください。
https://forms.gle/d3rhA33ZDn9oMgME9

※事前申し込み制です。7月16日(木)正午を目安までにご登録をお願いします。

(リカバリーカレッジおおたは大田区の「精神障害当事者会ポルケ」がキリン福祉財団より助成を得てのスタートです
https://porque.tokyo/2020/03/19/post-1924/

共同創造 Co-production 資料05: 具体的なガイドラインの例「Meeting Guidelines」

共同創造 Co-production は、なんらかの実践を考えたり作り上げる場面でなされるものだと思います。
そして、たとえば研究を共同創造していく際のガイダンスを以前ご紹介しました。(共同創造は、何かを一緒に作り上げるときに、共同創造によってよりよいものになる、というものだと思うので、作り上げるものが何であっても良いのだと思います。)

今回ご紹介するのは、Trauma Informed Oregonという、米国オレゴン州の組織で、トラウマの影響を念頭に置いたケア、あるいはトラウマに配慮したケア(トラウマインフォームドケア)を作り上げていくために、大学、公的機関、民間機関、さまざまな経験をしてきた方々や家族で協力し合う組織が、望ましいケア(トラウマに配慮したケア)を考えていくワーキンググループのあり方について、ウェブサイトで公開している資料です。

Trauma Informed Care Workgroup Meeting Guidelines」(トラウマに配慮したケアを作り上げていくためのワーキンググループのためのガイドライン)
2016年のガイドライン資料.PDF (アクセス:2020年6月8日)
には、コプロダクションという言葉は一言も出てこないのですが、でも、ここで言われていることは、まさに共同創造をするにあたって必要なことなのではないかと思い、自分のメモも兼ねてここに載せておく次第です。

Trauma Informed Oregon
Trauma Informed Care Workgroup Meeting Guidelines
2016年のガイドライン資料.PDF

意訳:

トラウマの影響に配慮したケアについて考えるワーキンググループをやっていくとなったときに、考慮するとよいことはたくさんあります。ワーキンググループを構成し進めていく際に以下の問いを考えるとよいかもしれません。

1) さまざまな経験や視点を確保するために十分な多様性、人数のメンバー構成となっているか?

  1. なっていないとしたら、どのようにこれを改善する?
  2. その状態でも進めていくことができるか?進めていくとしたら、何を考慮する必要があるか?

2) この会議で決定をしていく際にトラウマインフォームドなプロセスを採用しているか?

  1. 参加しているどのメンバーも、自分の意見を他者に聞いてもらう機会がある、インクルーシブな場となっているか?誰か1-2人の人ばかりが話していないか?
  2. 異なる視点を検討するのに十分な時間を使っているか?
  3. 安全とパワーについてオープンに話したか?このプロセスをいかに安全にできるかについて考えているか?

3) 参加者の頭に今浮かんでいることを聞けるよう、参加している個々人の発言(チェックイン)をするスペースがあるか?

  1. 次の行動ステップへ進むためにチェックインの時間を適切に制限しているか

4) 自分たち自身が学び、実践を続けているか?(自分たちの組織の中で私たち自身が率先して実践していくために)

  1. 毎回会議の冒頭で、前回からの間に目にしたトラウマインフォームドな実践を紹介することをやってみるのはどうだろう
  2. 難しかった状況とトラウマの影響を結びつけて考えてみるのはどうだろう(たとえば、この状況はトラウマの影響とどのように関連しているだろう?トラウマの影響を受けている人達に対する支援を提供したい私たちだからこそ、この状況について考えることが重要なのでは)
  3. 自分たちが学び続けるために、情報や文献の共有などをする?

5) 解決策ややるべきことができあがってきたときに、それらを組織やコミュニティ、管理者に見せるプロセスはあるか?

  1. どのようにやりとりする?何を?
  2. 責任者は?
  3. それはいつ?
  4. フィードバックを求めるとしたら、そのフィードバックをどのように生かすか?
  5. このやりとりを全てのスタッフや管理者が学ぶために使う?

6) 私たちはワーキンググループのなかで対立や意見の違いが出てきたときにどうするかについて話しているか?

  1. 対立が起きたときの行動規範を作っていたとしたら、その規範通りの行動をしているか?

東京大学 コプロダクション研究チーム 宮本有紀

—————————————-

研究チームの印象に残ったこと・自由な感想

  • 4)が少しわかりにくい
  • → たぶん、4)-1は、毎回の会議でTIC実践を紹介することで、TICについて考えるグループのメンバーそれぞれがTIC実践をしたり、まわりのTIC実践に敏感になるなどがありそう。

  • ガイドラインって、ルールとも違いそう。規則、みたいに押し付けられるものでもない。
  • 「〇〇するべき」みたいに言いたいわけではないのでしょうね。
  • こういったものを見て、それぞれのグループで柔軟に考えて発展させていく、そんなものなのかも。

共同創造 Co-production 資料04: NHS「co-productionモデル」のリーフレット(5つの価値観、7つのステップ)

今回は、英国の“NHS(National Health Service)England”(国民保健サービス)のwebサイトで公開されている「co-productionモデル」についてのリーフレットをご紹介いたします。
https://www.england.nhs.uk/participation/resources/co-production-resources/
(アクセス:2020年3月19日)
(NHS Englandは、イングランドの公的医療サービスを担う組織です。)

このリーフレットでは、co-productionを実現していくための「5つの価値観」や「7つのステップ」が紹介されています。

「5つの価値観」としては…
◇全員がco-productionを体得し、理解し、支えていくこと
◇開かれた公正な文化
◇権力を市民と分かち合い、決断を市民と共に行うよう、最大限努めること
◇分かりやすい言葉による明快なコミュニケーション
◇誰もが価値を認められ尊重される文化
といった5点が挙げられています。

さらに「7つのステップ」として…
① リーダーからco-productionを支持するという合意を得る。
② ヘルスケアサービスの利用者や、介護者、地域の人々を、開かれた公正な方法で募集する。その際、疎外されがちな集団を含めるために、確かな対策を講じる。
③ 人々がそれぞれに成す貢献を認め、それに報いるためのシステムを整備する。
④ co-productionが真のインパクトをもたらしうる領域を見定め、プロジェクトをデザインする最も早期の段階から市民をとりこんでいく。
⑤ co-productionが「自分たちのやりかた」だと言えるようになるまで、co-productionを行動計画に組み込んでいく
⑥ 全員がco-productionとは何かを理解しそれがどのように起こるかを分かるようになるまで、スタッフや市民をトレーニングし育てていく。
⑦ 定期的に進展を振り返り報告する。「誰かに言われてする」ではなく「自ら言ったことを実現する」という状態を目指して。
と記されています。
co-productionを実現していくためのヒントのひとつとして、ご紹介してみました。

東京大学 コプロダクション研究チーム 小川亮
—————————————-

研究チームの印象に残ったこと・自由な感想

共同創造 Co-production 資料03: INVOLVE「研究におけるco-production(共同創造)についてのガイダンス」

今回は、英国の“INVOLVE”という団体により公開された「研究におけるco-production(共同創造)についてのガイダンス」(Guidance on co-producing a research project)をご紹介いたします。
https://www.invo.org.uk/posttypepublication/guidance-on-co-producing-a-research-project/
(アクセス:2020年2月20日)

INVOLVEは、1996年にイギリスの国立衛生研究所(the National Institute for Health Research)により設立され、医療保健福祉領域における市民参画を支援することを目的としています。

2018年2月に公開されたこのガイダンスでは、医療保健福祉領域の「研究」がテーマとされており、研究を共同創造していくうえで大切なこと、そのための方法、乗り越えるべき課題などが紹介されています。

たとえば冒頭には…
「研究を共同創造することは、研究者、臨床家、市民が、プロジェクトの初めから終わりまで(知見を生み出すというところまで含めて)、権限や責任を分かち合いながら力を合わせて取り組んでいくことである」
…と記されています。

大切な原則としては…
・権限を分かち合う
・あらゆる視点や技能を含みこむ
・共に働く仲間の知に、敬意を払い価値を置く-誰もが等しく大切である
・互恵性-共に働く仲間同士、誰もが互いに得るものがある
・関係を築き維持する-共通理解や合意を形成し、役割や責任を明確にすることが必要となる
…といった点が挙げられていました。

研究における共同創造を考え実践していくうえでの貴重な資料のひとつとして、ご紹介させていただきました。

東京大学 コプロダクション研究チーム 小川亮
—————————————-

研究チームの印象に残ったこと・自由な感想

  • コプロダクションの資料は多数あるが、これは研究におけるコプロダクションを扱っている
  • 患者市民参画(Patient Public Involvement: PPI)研究と研究におけるコプロダクションの重なりを整理してみたい
  • Respecting and valuing the knowledge of all those working together on the research という考えが好き

共同創造 Co-production 資料02: 「人々や組織にとって、どんなよいことがあるのか」

共同創造;人々や組織にとって、どんなよいことがあるのか
https://www.tnlcommunityfund.org.uk/insights/co-production
(アクセス:2020年1月15日)

The National Lottery Community Fund(英国の国営宝くじの収入により運営されている基金)のウェブサイトより(意訳)
※なお、訳については、 原文のままというよりは、読んでぱっとイメージが湧くように、文意を汲んでかなり大胆に意訳した箇所も多いですので、正確なニュアンスについては原文をご参照いただければ幸いです。

—————————————-
共同創造についての知恵や教訓
◇共同創造は大変、でも、それだけの価値がある
・時間がかかるしお金もかかる
単に現実的なこと(全員の予定が合う日はずいぶん先になってしまう…といったような)だけではなくて、
共同創造に関わるひとたちの間の信頼関係を築くことにこそ、なによりも時間がかかる。

・お金や時間だけのことでもない
共同創造にふさわしい心構えで臨むことこそが、なにより大事
確立された「今までやり方」の枠を飛び出していくこともありうる、というような

◇共同創造すると…それぞれの立場のひとたちに、それぞれよいことがある
・何らかの困難の経験を持つ人(精神的不調、等々)が、共同創造に「参加する」と…
自分で自分の価値を認められるようになったり、自分を信頼できるようになったりするかもしれない
さまざまな技能や経験を手にすることもできる
ピアのネットワークや支援からも多くのものを得ることができる
新たな「使命感」や「目的意識」を得ることだってある

・サービスを運営するスタッフについては…
共同創造は、スタッフのやる気を高めうる
仕事への情熱に再び火を灯すことだってある

・サービス自体は、共同創造によって…
各々の利用者によりぴったりフィットしたもの、アクセスしやすいものになる
ともすればお堅い感じになってしまうサービスが、より人間味豊かなものになる

◇どうすれば共同創造をうまくすすめられるのだろうか
「うまくいく共同創造」といったような、あらかじめつくられた「青写真」はない
それは常に現在進行形のプロセスである
つまり、常にわが身を省みながら取り組み続ける必要がある

心に留めておくべき重要なこと:
・共同創造は、どんな状況で行うか、誰と一緒に行うかによって、まったく違ったものになる、ということを理解しておく
・新たなアイデアに心を開く
力や責任を分かち合う心づもりをしておく
「自分と違う意見が出る」ことを喜んで受け入れる(あるいはまた、自ら進んで「違う意見を出す」)
・なにが期待できるか、どこまでが限界なのかについて、正直かつ率直でいる
・プロジェクトのすみからすみまでに、共同創造の精神を深く植えつける
共同創造をうまくやっていくのは「全員の役割」だと確かめておく
・ずっと同じ人だけに頼らないようにする、顔ぶれを新鮮に保ち、新たな声を歓迎する
・共同創造は1回限り/その場限りのものではない、と心しておく
プロジェクトの進行とともに進化していくし、進みながら、間違え、学び、改善していく、そのための心の準備をしておく
—–
訳:東京大学 コプロダクション研究チーム 小川亮
—————————————-

研究チームの印象に残ったこと・自由な感想

  • 「共同創造は大変、でも、それだけの価値がある」、それを疲れたときとかに思い出したい。
  • 「自分と違う意見を喜んで受け入れる」大事だけどなかなか思えない時もあるかも。だからこそ思い出すことが大切。
  • ずっと同じ人だけに頼らないようにする、というのは、自分は長くなってしまったら長く居座ってしまってはいけないかな、って思っちゃうかもしれない。
    多様な考えを確保するために、顔ぶれを入れ替えたり、というのを患者市民参画の考え方で読んだ。そういう意図もあるかも。
  • 「間違え、学び、改善していく、そのための心の準備を」 できなくて当然という覚悟でやっていて、はじめて違いも祝福できるかも。

共同創造 Co-production 資料01

共同創造(Co-production)の研究・情報収集をしています♪

【co-productionについての情報サイト】
◇ImROC
Top Ten Tipsもあり
https://imroc.org/resources/13-co-production-sharing-experiences-reflecting-learning/

◇Think Local Act Personal
Co-production
https://www.thinklocalactpersonal.org.uk/Browse/Co-production/
Ten Tips
https://www.thinklocalactpersonal.org.uk/Latest/Top-Ten-Tips-for-Co-production-One-page-profile-and-Easy-Read-version/

◇Social Care Institute for Excellence
scie.org.uk/publications/guides/guide51/what-is-coproduction/

◇INVOLVE
https://www.involve.org.uk/resources/methods/co-production

◇NHS England
https://www.england.nhs.uk/participation/resources/co-production-resources/

◇Scottish Co-Production Network
http://www.coproductionscotland.org.uk/learning/section

◇The National Lottery Community Fund
https://www.tnlcommunityfund.org.uk/insights/co-production

◇Boyle D, Harris M. The Challenge of Co-Production (nesta)
2009のdiscussion paper へのリンクあり
https://www.nesta.org.uk/report/the-challenge-of-co-production/

ワークショップのご報告(20191215リカバリーカレッジから学ぶコ・プロダクション)

京都で、「リカバリーカレッジから学ぶコ・プロダクション 当事者・家族・専門職が共に考え、共に創るを実現するために」というワークショップに関係させて頂きました。

リカバリーカレッジにご関心のある方、共同創造(コプロダクション)に関心のある方、リカバリーにご関心のある方など、多くの方がご参加くださり、みなさんと共同創造や協働についてお話ししたり、グループワークをしました。
今すでにリカバリーカレッジの実践に関わっている方やご準備されている方々のお話や、リカバリーカレッジに限らず、さまざまな実践で共同創造に取り組まれている方達のお話しをお聞きし、あたたかい気持ちになったり、励まされたりしました。

企画してくださいました「ともにつくるまなびきょうと」のおーちゃん、てっちゃん、まつうらさん、ともさん、それぞれのご事情の中で会場まで足を運んでくださったり共に場を作ってくださった全ての皆様、りえちん、本当にありがとうございました!

研修会のご報告(201908岡山)

2019年8月に岡山で、リカバリーカレッジに関する研修会や講演会がありました。

2019年8月24日(土)13:00-16:00
「リカバリーカレッジの魅力:イギリスにおける取り組みから」
https://rcokayama.jp/assets/files/top/20190824.pdf

2019年8月25日(日)~28日(水)
「リカバリーカレッジ トレーナー養成研修」
https://rcokayama.jp/assets/files/top/r0825s_28w.pdf

いずれも講師はロンドンにある
CNWL Recovery and Wellbeing Collegeで共に働いている
シエナ・スキナー (Syena Skinner)さん
メアリーアン・ケーブル (Mary-Anne Cable)さん
です。

現在すでにリカバリーカレッジを実践されている方々、ご準備中の方々、リカバリーカレッジにご関心のある方々とさまざまなお話しをしながらご一緒に研修に参加できました。
シエナさんとメアリーアンさんのあたたかさに感動しましたし、イギリスでも、いろいろな困難がありつつも毎日続けていらっしゃるということがわかり、とても励まされました。

企画してくださった岡山の皆様、どうもありがとうございました。

リカバリーカレッジの理念と実践例(リカバリーカレッジガイダンス)公開しました

リカバリーカレッジの理念と実践例(リカバリーカレッジガイダンス)
の2019年3月版をウェブサイトにアップすることができました。
http://recoverycollege-research.jp/guidance/
↑ここからダウンロードできます。

この「理念と実践例」(ガイダンス)の作成の過程で、とても多くの皆さんにお世話になりました。本当にありがとうございました。
このガイダンスは、今後もアップデートしていきたいと考えております。
よろしければご覧頂き、御意見を上記ページにある「御意見記載欄」へご記載頂く、あるいは宮本まで直接ご連絡を頂戴できれば幸いです。


この「リカバリーカレッジの理念と実践例」は、これからリカバリーカレッジを作りたい、実践したい、運営したい、運営の仲間に加わりたい、という方たちの話し合いのきっかけになればと思い、ご紹介するものです。
このガイダンスは、今まですでに実践している人たちの知恵をご紹介するものであって、ルールや決まりではありません。
リカバリーカレッジは、それぞれの地域や文化の中で、さまざまな立場・属性の人たちの共同創造によって作られていきます。
このガイダンスが、リカバリーカレッジをはじめたい方たちだけではなく、リカバリーカレッジ以外の精神保健福祉サービスを利用している方、提供している方にも、なにかの参考になったり、共同創造や協働のきっかけになることがあれば大変うれしく思います。そして、日本の精神保健福祉サービス全体がリカバリー志向へと変革していくことに寄与できれば幸いです。