共同創造 Co-production 資料02: 「人々や組織にとって、どんなよいことがあるのか」

共同創造;人々や組織にとって、どんなよいことがあるのか
https://www.tnlcommunityfund.org.uk/insights/co-production
(アクセス:2020年1月15日)

The National Lottery Community Fund(英国の国営宝くじの収入により運営されている基金)のウェブサイトより(意訳)
※なお、訳については、 原文のままというよりは、読んでぱっとイメージが湧くように、文意を汲んでかなり大胆に意訳した箇所も多いですので、正確なニュアンスについては原文をご参照いただければ幸いです。

—————————————-
共同創造についての知恵や教訓
◇共同創造は大変、でも、それだけの価値がある
・時間がかかるしお金もかかる
単に現実的なこと(全員の予定が合う日はずいぶん先になってしまう…といったような)だけではなくて、
共同創造に関わるひとたちの間の信頼関係を築くことにこそ、なによりも時間がかかる。

・お金や時間だけのことでもない
共同創造にふさわしい心構えで臨むことこそが、なにより大事
確立された「今までやり方」の枠を飛び出していくこともありうる、というような

◇共同創造すると…それぞれの立場のひとたちに、それぞれよいことがある
・何らかの困難の経験を持つ人(精神的不調、等々)が、共同創造に「参加する」と…
自分で自分の価値を認められるようになったり、自分を信頼できるようになったりするかもしれない
さまざまな技能や経験を手にすることもできる
ピアのネットワークや支援からも多くのものを得ることができる
新たな「使命感」や「目的意識」を得ることだってある

・サービスを運営するスタッフについては…
共同創造は、スタッフのやる気を高めうる
仕事への情熱に再び火を灯すことだってある

・サービス自体は、共同創造によって…
各々の利用者によりぴったりフィットしたもの、アクセスしやすいものになる
ともすればお堅い感じになってしまうサービスが、より人間味豊かなものになる

◇どうすれば共同創造をうまくすすめられるのだろうか
「うまくいく共同創造」といったような、あらかじめつくられた「青写真」はない
それは常に現在進行形のプロセスである
つまり、常にわが身を省みながら取り組み続ける必要がある

心に留めておくべき重要なこと:
・共同創造は、どんな状況で行うか、誰と一緒に行うかによって、まったく違ったものになる、ということを理解しておく
・新たなアイデアに心を開く
力や責任を分かち合う心づもりをしておく
「自分と違う意見が出る」ことを喜んで受け入れる(あるいはまた、自ら進んで「違う意見を出す」)
・なにが期待できるか、どこまでが限界なのかについて、正直かつ率直でいる
・プロジェクトのすみからすみまでに、共同創造の精神を深く植えつける
共同創造をうまくやっていくのは「全員の役割」だと確かめておく
・ずっと同じ人だけに頼らないようにする、顔ぶれを新鮮に保ち、新たな声を歓迎する
・共同創造は1回限り/その場限りのものではない、と心しておく
プロジェクトの進行とともに進化していくし、進みながら、間違え、学び、改善していく、そのための心の準備をしておく
—–
訳:東京大学 コプロダクション研究チーム 小川亮
—————————————-

研究チームの印象に残ったこと・自由な感想

  • 「共同創造は大変、でも、それだけの価値がある」、それを疲れたときとかに思い出したい。
  • 「自分と違う意見を喜んで受け入れる」大事だけどなかなか思えない時もあるかも。だからこそ思い出すことが大切。
  • ずっと同じ人だけに頼らないようにする、というのは、自分は長くなってしまったら長く居座ってしまってはいけないかな、って思っちゃうかもしれない。
    多様な考えを確保するために、顔ぶれを入れ替えたり、というのを患者市民参画の考え方で読んだ。そういう意図もあるかも。
  • 「間違え、学び、改善していく、そのための心の準備を」 できなくて当然という覚悟でやっていて、はじめて違いも祝福できるかも。

共同創造 Co-production 資料01

共同創造(Co-production)の研究・情報収集をしています♪

【co-productionについての情報サイト】
◇ImROC
Top Ten Tipsもあり
https://imroc.org/resources/13-co-production-sharing-experiences-reflecting-learning/

◇Think Local Act Personal
Co-production
https://www.thinklocalactpersonal.org.uk/Browse/Co-production/
Ten Tips
https://www.thinklocalactpersonal.org.uk/Latest/Top-Ten-Tips-for-Co-production-One-page-profile-and-Easy-Read-version/

◇Social Care Institute for Excellence
scie.org.uk/publications/guides/guide51/what-is-coproduction/

◇INVOLVE
https://www.involve.org.uk/resources/methods/co-production

◇NHS England
https://www.england.nhs.uk/participation/resources/co-production-resources/

◇Scottish Co-Production Network
http://www.coproductionscotland.org.uk/learning/section

◇The National Lottery Community Fund
https://www.tnlcommunityfund.org.uk/insights/co-production

◇Boyle D, Harris M. The Challenge of Co-Production (nesta)
2009のdiscussion paper へのリンクあり
https://www.nesta.org.uk/report/the-challenge-of-co-production/

ワークショップのご報告(20191215リカバリーカレッジから学ぶコ・プロダクション)

京都で、「リカバリーカレッジから学ぶコ・プロダクション 当事者・家族・専門職が共に考え、共に創るを実現するために」というワークショップに関係させて頂きました。

リカバリーカレッジにご関心のある方、共同創造(コプロダクション)に関心のある方、リカバリーにご関心のある方など、多くの方がご参加くださり、みなさんと共同創造や協働についてお話ししたり、グループワークをしました。
今すでにリカバリーカレッジの実践に関わっている方やご準備されている方々のお話や、リカバリーカレッジに限らず、さまざまな実践で共同創造に取り組まれている方達のお話しをお聞きし、あたたかい気持ちになったり、励まされたりしました。

企画してくださいました「ともにつくるまなびきょうと」のおーちゃん、てっちゃん、まつうらさん、ともさん、それぞれのご事情の中で会場まで足を運んでくださったり共に場を作ってくださった全ての皆様、りえちん、本当にありがとうございました!

研修会のご報告(201908岡山)

2019年8月に岡山で、リカバリーカレッジに関する研修会や講演会がありました。

2019年8月24日(土)13:00-16:00
「リカバリーカレッジの魅力:イギリスにおける取り組みから」
https://rcokayama.jp/assets/files/top/20190824.pdf

2019年8月25日(日)~28日(水)
「リカバリーカレッジ トレーナー養成研修」
https://rcokayama.jp/assets/files/top/r0825s_28w.pdf

いずれも講師はロンドンにある
CNWL Recovery and Wellbeing Collegeで共に働いている
シエナ・スキナー (Syena Skinner)さん
メアリーアン・ケーブル (Mary-Anne Cable)さん
です。

現在すでにリカバリーカレッジを実践されている方々、ご準備中の方々、リカバリーカレッジにご関心のある方々とさまざまなお話しをしながらご一緒に研修に参加できました。
シエナさんとメアリーアンさんのあたたかさに感動しましたし、イギリスでも、いろいろな困難がありつつも毎日続けていらっしゃるということがわかり、とても励まされました。

企画してくださった岡山の皆様、どうもありがとうございました。

リカバリーカレッジの理念と実践例(リカバリーカレッジガイダンス)公開しました

リカバリーカレッジの理念と実践例(リカバリーカレッジガイダンス)
の2019年3月版をウェブサイトにアップすることができました。
http://recoverycollege-research.jp/guidance/
↑ここからダウンロードできます。

この「理念と実践例」(ガイダンス)の作成の過程で、とても多くの皆さんにお世話になりました。本当にありがとうございました。
このガイダンスは、今後もアップデートしていきたいと考えております。
よろしければご覧頂き、御意見を上記ページにある「御意見記載欄」へご記載頂く、あるいは宮本まで直接ご連絡を頂戴できれば幸いです。


この「リカバリーカレッジの理念と実践例」は、これからリカバリーカレッジを作りたい、実践したい、運営したい、運営の仲間に加わりたい、という方たちの話し合いのきっかけになればと思い、ご紹介するものです。
このガイダンスは、今まですでに実践している人たちの知恵をご紹介するものであって、ルールや決まりではありません。
リカバリーカレッジは、それぞれの地域や文化の中で、さまざまな立場・属性の人たちの共同創造によって作られていきます。
このガイダンスが、リカバリーカレッジをはじめたい方たちだけではなく、リカバリーカレッジ以外の精神保健福祉サービスを利用している方、提供している方にも、なにかの参考になったり、共同創造や協働のきっかけになることがあれば大変うれしく思います。そして、日本の精神保健福祉サービス全体がリカバリー志向へと変革していくことに寄与できれば幸いです。

学会発表のご報告(20181215精神障害者リハビリテーション学会)

早稲田大学で行われた精神障害者リハビリテーション学会で、リカバリーカレッジに関する報告(口頭発表)をさせていただきました。

当日は、作成中のガイダンス案をご希望の方にお渡しし御意見をいただく機会ともさせていただきました。どうもありがとうございました。

演題名:「当事者を含めた多職種によるリカバリーカレッジ運用のための指針(ガイダンス)の開発」

【方法】
リカバリーカレッジに必要な要素と実践を把握するため、英国および日本で運用されているリカバリーカレッジの視察や聞き取りと各リカバリーカレッジで公開しているシラバスや年報、リカバリーカレッジに関する文献から情報収集した。これらの情報から、リカバリーカレッジの運用指針の枠組みと、示す内容の草案を作った。その草案を、リカバリーカレッジを既に運用している組織と、リカバリーカレッジを今後開設したいと考えている組織や個人に提示し、それらの妥当性と、加筆・修正が必要な点について助言を得た。

【結果・考察】
英国と日本での視察や聞き取り、英国のリカバリーカレッジに関する文献検討から、リカバリーカレッジで大切にしている理念があり、リカバリーカレッジの運用には、それらの理念の理解と、理念を体現するための実践の工夫が必要であることが抽出された。
(後略)

リカバリーカレッジに関する企画(2018年12月14日精神障害者リハビリテーション学会サテライト企画)

2018年12月14日(金)に行われた精神障害者リハビリテーション学会 サテライト企画
RecoveryCollegeを体験しよう!リカバリー入門
に参加しました!

これは、リカバリーカレッジ(東京都三鷹市)とリカバリーカレッジたちかわ(東京都立川市)の共同企画で、とても素敵でした。
たくさんの方がご参加なさっていて、皆さんの関心の高さを感じました。

リカバリーカレッジ資料 05

リカバリーカレッジに関する文献リストその5です。

平出麗紗, 宮本有紀, 田尾有樹子 (2018). 元気回復行動プラン(Wellness Recovery Action Plan:WRAP)への参加が精神健康に困難を有する人のリカバリーに与える効果についての研究. 精神医学, 60(9): 1025-1035.
https://webview.isho.jp/journal/detail/pdf/10.11477/mf.1405205681
この研究は、リカバリー・カレッジの講座として実施された元気回復行動プラン(Wellness Recovery Action Plan: WRAP)クラスの参加者を対象にWRAPの有効性を検討した論文です。
リカバリーカレッジそのものを扱っているというわけではありませんが、「はじめに」でリカバリーカレッジのことに触れており、また、リカバリーカレッジの中での講座であることも考慮した調査となっています。

リカバリーカレッジ資料 04

リカバリーカレッジに関する文献リストその4です。

パーキンス レイチェル, レパー ジュリー, リナルディ マイルス,ブラウン ヘレン, 森田久美子[訳](2016). 翻訳 リカバリーカレッジ (山口忠利教授・矢澤圭介教授退職記念号) Recovery College. 人間の福祉 : 立正大学社会福祉学部紀要 (30), 99-113, 2016
http://hdl.handle.net/11266/6341

この文献は、英国ImROC (Implementing Recovery through Organisational Change)の発行する冊子↓
Rachel Perkins, Julie Repper, Miles Rinaldi and Helen Brown. Recovery College. Centre for Mental Health, 2012
を訳されたものです。

山田理絵(2016). イギリスのリカバリー・カレッジ。「患者」から、回復をデザインする「私」へ. 精神看護 19(2):182-184
https://doi.org/10.11477/mf.1689200209

2014年9月に英国でのワークショップに参加された山田さんの取材レポートです。山田さんは2016年と2018年の英国リカバリーカレッジ視察チームのメンバーでもありました。

山田理絵(2016). リカバリー概念再考 : 英国の精神科医療におけるRecovery College を例として. UTCP Uehiro Booklet. 12:pp.131 – 141, 2016-03-31
リカバリーの概念について、リカバリーカレッジを挙げながら論述されています。

リカバリーカレッジ資料 03

リカバリーカレッジに関する文献リストその3です。
英国の精神保健について、リカバリーカレッジについての助川先生の文献です。

助川征雄(2009).イギリス・ケンブリッジ州における精神障害者支援に関する経年的研究(1). 聖学院大学論叢 21(3), 201-216.
http://doi.org/10.15052/00000425
厳密には、こちらの文献は1977年から2008年までの支援について記載されておりリカバリーカレッジはまだ登場しないのですが、リカバリーカレッジが英国で広まっていく前の状況が記されていて重要なのでリストに挙げています。

助川征雄(2012).イギリス・ケンブリッジ州における精神障がい者支援に関する経年的研究(2)2009~2011年. 聖学院大学論叢 24(2), 65-78.
http://doi.org/10.15052/00000516
リカバリー理論について、特にImROC、リカバリーカレッジ、ピアサポートワーカーについて紹介されており、また、精神障がい者ケアラー(家族等介護者)支援の動向について記載されています。

助川征雄(2013).イギリス・ケンブリッジ州における精神障がい者支援に関する経年的研究(3)リカバリー・イノベーションとピアサポートワーカーの役割. 聖学院大学論叢 25(2), 73-90.
http://doi.org/10.15052/00000803
リカバリーイノベーションの実際とピアサポートワーカーの役割などについて実例と共に紹介されています。

助川征雄(2015).イギリス・ケンブリッジ州における精神障がい者支援に関する経年的研究(4)リカバリー・イノベーションの現状と将来展望. 聖学院大学論叢 27(2), 143-158.
http://doi.org/10.15052/00000857
2014年8月に行かれた英国での再リサーチ時の写真等と共にImROCやリカバリーカレッジの展開が紹介されています。