共同創造 Co-production 資料10: 市民と行政との協働【2】(NPOと協働する行政職員の8つの姿勢、行政と協働するNPOの8つの姿勢)

(※「市民と行政との協働【1】」から続きます。)
今回は、前回に引き続き、「市民と行政との協働」に関する資料をご紹介いたします。

前回お示しした東京都東村山市の協働マニュアルには、「協働の原則」以外にも、大切な考え方として「NPOと協働する行政職員の8つの姿勢」(NPO活動推進自治体ネットワーク 協働を進めるための行政職員の意識改革研究会編)が引用されておりました。

その内容は…

  1. 公共は「官」だけが担うのではなく、NPOや企業などさまざまな主体と共に担う意識を持つこと
  2. 協働とは特別なことではなく、チャレンジであり、失敗を恐れない意識を持つこと
  3.  ニーズは、現場に足を運び、当事者の生の声に耳を傾けてこそわかるという意識を持つこと
  4. 協働相手とは対等である。本音で語り合えてこそ、協働であるという意識を持つこと
  5. 協働の現場では、自らの責務として率先して行政内部で連携し相乗効果を得ること
  6. 協働には十分なコミュニケーションが必要であり、共感するには時間がかかるという意識を持つこと
  7. 情報は市民のものであり、市民のために活用してこそ価値がある
  8. 協働できない理由を探すのではなく、受益者のためにどうしたら実現できるのかを考えること
    …といったものとなっています。

上記の「NPOと協働する行政職員の8つの姿勢」の内容は、日本NPOセンターのwebサイトhttps://www.jnpoc.ne.jp/?page_id=10158にも記載されており、このページには、「行政と協働するNPOの8つの姿勢」(民間NPO支援センター・将来を展望する会 編)に関しても記されています。
また、後者については、https://www.jnpoc.ne.jp/?page_id=457にさらに詳しい説明が述べられています。

その「行政と協働するNPOの8つの姿勢」は…

  1. 市民の共感と参加を基本とする事業づくりの能力を持ち、それを通じて本当の市民自治を促進すること
  2. ミッションと協働事業の整合性を考え、事業を展開すること
  3. 行政に依存せず、精神的に独立していること
  4. 相互のシステムの違いを理解しつつ、解決の糸口を見出していく姿勢を持って努力すること
  5. NPOならではの関与によって協働事業の質を向上できるような専門性・特性をもつこと
  6. ルールの違いを乗り越えるための能力を備えておくこと
  7. 協働した結果は、市民の共有財産として広く積極的に知らせていくこと
  8. 契約にあたって、対等な立場で交渉する力をつけること
    …といった内容となっています。

これらの「8つの姿勢」も、「市民/NPO」を「当事者」に、「行政/官」を「専門職」になぞらえてみると、「保健医療領域における当事者と専門職の共同創造」に向けて多くの示唆を与えてくれる資料ではないかという思いから、ご紹介してみました。

東京大学 コプロダクション研究チーム 小川亮
—————————————-

研究チームの印象に残ったこと・自由な感想:
単語を変えればそのままさまざまな領域で当てはまる感じ。
日本NPOセンターのNPOと共同する行政職員の8つの姿勢、行政と共同するNPOの8つの姿勢は、様々な地域・組織の沢山の人が参加して作られている。
日本語で作られているため読んでいてわかりやすくてよい。
コプロダクションへのヒントはほかの領域にもたくさんあるので、そういったところにもアンテナを広げていきたい。
コプロダクションとか共同創造以外の他の言葉(たとえばcollaboration, engagementなどいろいろ)を使っているところもたくさんあるのでもっと知りたい。

共同創造 Co-production 資料09: 市民と行政との協働【1】(東京都東村山市協働マニュアル)

前回ご紹介した書籍では、co-production(コ・プロダクション;共同創造)の源流が、公共サービス領域にあるという経緯が述べられておりました。
日本でも、それに通ずる試みとして、(「co-production」や「共同創造」ではなく「協働」という異なる用語が用いられてはおりますが、)「市民と行政との協働」が各所で実践されているようです。
例えば、試しにGoogleで「協働」と検索してみると、様々な自治体のwebサイトに「市民との協働」に関する記載が見出されます。
一例を挙げると、東京都東村山市では、「協働とは」「協働の原則とは」といった説明https://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/kurashi/shiminkatsudo/suishin/index.html
に加え、「協働を進めるためのマニュアル -職員用実務編-」といった資料(↓ pdf)も公開されています。
https://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/kurashi/shiminkatsudo/suishin/kyodo_manual.files/2018_kyodo-manual_syokuin.pdf

マニュアルでは、協働についての基本的な考え方に加え、協働事業の進め方や「協働事業ふりかえりシート」といったツールも紹介されているため、co-production(共同創造)で何らかの活動や事業を実践してみたい方にもご参考になるのではと考えています。

少しだけ内容をご紹介いたしますと、例えば「協働の原則」として…
「自主・自立の原則」
公共的な事業・サービスに対して、市民活動団体の自主性を尊重するとともに、お互いに依存していくのではなく、それぞれの責任において事業が展開できることを目指し、互いに自立した存在と認めることをいう。
「相互理解の原則」
それぞれの長所、短所、立場を十分に認識し、理解し、尊重しあうことをいう。
「対等の原則」
市民活動団体と行政は、上下の関係でなく、常に対等の立場であることをいう。
「目的共有の原則」
市民活動団体と行政は、公共的な事業・サービスの提供が市民の利益につながるという目的を共有することをいう。
「公開の原則」
市民活動団体と行政の関係が公開されることをいう。

…という5点が挙げられています。

こちらのブログで主に取り上げている「保健医療領域における当事者と専門職」との関係ではなく、「市民と行政」との関係にまつわる内容ですが、「市民活動団体」を「当事者」に、「行政」を「専門職」に置き換えて考えてみると、私たちにとっても大切なヒントがたくさん発見できる資料ではないかという視点から、ご紹介してみました。
(※「市民と行政との協働【2】」に続きます。)

東京大学 コプロダクション研究チーム 小川亮

共同創造 Co-production 資料08: 【書籍】コ・プロダクション:公共サービスへの新たな挑戦

続いて、日本の萌文社から出版されている「PHNブックレット18 コ・プロダクション:公共サービスへの新たな挑戦」という書籍をご紹介いたします。
http://www.hobunsya.com/books/phn_ks/#phn18
(アクセス:2020年10月15日)

こちらの書籍は、英国のNEF(The New Economics Foundation)とNesta(The National Endowment for Science, Technology and the Arts)という組織が共同で公表している
The Challenge of Co-Production」という文書
NEF:
https://neweconomics.org/2009/12/challenge-co-production
Nesta:
https://www.nesta.org.uk/report/the-challenge-of-co-production/
(アクセス:2020年10月15日)
の日本語訳を中心に構成されています。

(↑この文書は、世界各国から発信される共同創造にまつわる資料や論文等でたびたび引用されている、共同創造について考えるうえで基礎となる重要な文献です。)
コ・プロダクションが英国の公共サービスに取り入れられた経緯や、コ・プロダクションとはなにか、どのように効果を発揮するのか、といった内容が扱われており、背景知識として英国の公共サービスのありかたについても説明されています。
ちなみに本書では、コ・プロダクションの定義として…「コ・プロダクションとは、専門家とサービスを使う人々、その家族・近隣が、対等な相互関係の中で届けられる公共サービスを意味する。活動はこうしたやり方で共同制作され、サービスと地域の両方が、はるかに効果的に変化する」
…と記されています(39ページ)。

共同創造について日本語で読むことのできる数少ない貴重な書籍として、ご紹介いたしました。

東京大学 コプロダクション研究チーム 小川亮

 

共同創造 Co-production 資料07: Skills for Care 「Co-production in mental health」

Co-productionに関する資料や説明を少しずつ勉強しています。
今回は、英国の“Skills for Care”という社会福祉に関する組織のwebサイトで公開されている「Co-production in mental health」という資料をご紹介いたします。
https://www.skillsforcare.org.uk/Documents/Topics/Mental-health/Co-production-in-mental-health.pdf
(アクセス:2020年10月15日)

こちらの文書では、何がco-production(共同創造)の助けになったり、あるいは妨げになったりするのか、といった内容や、共同創造のためのヒント(Tips)が述べられており、記載されている内容は…
・共同創造の定義やモデル
・共同創造における関係性や組織文化、リーダーシップのありかたについて
・共同創造を実践するときの実務的な課題
…など、多岐に渡っています。

(各項の末尾には、青地に白抜きの文字で「まとめ」的な内容が記された構成となっているので、その部分だけ飛ばし飛ばしに読むだけでも、何らかの発見があるかもしれません。)

ちなみに「共同創造のヒント」としては…
意訳:
1. どこかから始めなければならない:あなたにとって実用的な共同創造の定義を見つけ、飛び込もう
2. 共同創造の原則をいつも中心に据えよう
3. 共同創造が大変な作業であることを認識しよう
4. 責任を分かち合おう
5. 共同創造によって「できること」と「できないこと」について誠実であろう
6. 物語やデータ、ビジネスモデルを通して、共同創造がもたらす恩恵を実際に示そう
…といった内容が記されています。
実際に共同創造を行った事例に関するケーススタディや、そこに関わった人々の生の声も多数含まれているので、共同創造の現場の実情をうかがい知ることのできる貴重な資料のひとつとしてご紹介いたしました。

東京大学 コプロダクション研究チーム 小川亮

リカバリーカレッジ資料 06

リカバリーカレッジに関する文献リストその6です。

武田 宏 (2020). ロンドン南西リカバリーカレッジのカリキュラム. 医療・福祉研究, 28: 85-91.
http://ihmk.sakura.ne.jp/mokuji/mokuji.htm

こちらは、医療・福祉研究の最前線報告、ということで、ロンドン南西リカバリーカレッジ(South West London Recovery College)のカリキュラムについて、一部講座のシラバスの紹介と共に紹介されています。
著者の武田様から教えていただきました。武田様、どうもありがとうございました!

共同創造 Co-production 資料06: TLAP「co-productionの10の秘訣」平易版

共同創造(コプロダクション)とは、のさまざまな説明を読んでいます。今回は、
think local act personal の平易版(Easy Read version) のご紹介です。
共同創造の10の秘訣 Our top 10 tips for Co-production
(アクセス:2020年7月25日)

共同創造(コプロダクション)とは?
共同創造とは、共に取り組むやり方のひとつです。
共に取り組むのは、たとえば読みやすいチラシを作るといったことから、新しい事業の企画をすることまで、なんでもかまいません。
事業やサービスに何が必要かを一番わかっているのは、その事業を利用している人達だというのが大事な点です。
そこには、その利用者の家族なども入ります。
対等な存在として共に取り組むことによって、人々が大切だと思うことが取り入れられます。

共同創造(コプロダクション)の私たちにとっての10の秘訣
1.共同創造は、そこにいる人は皆、対等な立場で発言ができるという考えからはじまります。
2.一番最初の時点から、そのサービスを利用する立場の人々も含まれていなければなりません。
3.計画段階から実行、評価まで、全てに、人々が関わります。
4.共同創造がうまくいくには、前線で働く人から管理者まで、そこに関わる全ての人々の思いが一つでなければなりません。
5.小さいことからはじめ大きなプロジェクトへと積み上げていきます。そして専門職ではなく、人々(市民)が主導します。
6.共同創造には、それぞれ異なる技術を持つ人々が必要です。
7.共同創造を支えるために適したスタッフを確保します。
8.サービスを利用している人々は、何が必要かを明確にし、それが実現するようしっかりと取り組みます。
9.サービスを利用している人々は、役立つものが何かを知っているので、彼ら抜きではよいものはできません。
10.誰かだけが全ての問題を解決しなければならないと考えなくてよい、グループが一緒に解決できます。

そして上記のほかに、共同創造が起きるために、
十分なお金とサポートがあること、たとえば謝金や交通費、わかりやすい情報、アクセス
スタッフにも十分な時間や必要なものがあること
誰かが他の人よりえらいといったことはない
適切なサポートがあれば誰もが貢献できる
耳を傾けることで人々の持っているものが引き出される手助けとなる
言われたことを検討し、行動する
力を分かち合うことを学ぶ、
などのこつも書かれています。

平易版は、字も大きく読みやすく、また、このような平易な言葉で表現することで、
より本質に近づいていく部分もあるように思いました。

東京大学 コプロダクション研究チーム 宮本有紀
—————————————-

「リカバリーカレッジおおた」の発足

このたび、東京都大田区で、「リカバリーカレッジおおた」が発足することになりました。

2020年7月17日(金)に第一回セミナーが行われます。詳しくはこちら↓をご参照ください
https://porque.tokyo/2020/07/07/post-2253/

-お知らせ抜粋-
■日時:2020年7月17日(金)19時~21時
■参加費:無料(初回のお披露目として無料実施とします。次回以降、会の継続のため有料実施の予定です)
■主催:精神障害当事者会ポルケ/ リカバリーカレッジおおた
■助成:公益財団法人キリン福祉財団

■申し込み方法
第1回 リカバリーカレッジおおた参加申し込みフォームです。
新型コロナウィルスの影響を考慮して、オンライン(zoomウェビナー)での実施になります。
下記リンクよりお申込みください。
https://forms.gle/d3rhA33ZDn9oMgME9

※事前申し込み制です。7月16日(木)正午を目安までにご登録をお願いします。

(リカバリーカレッジおおたは大田区の「精神障害当事者会ポルケ」がキリン福祉財団より助成を得てのスタートです
https://porque.tokyo/2020/03/19/post-1924/

共同創造 Co-production 資料05: 具体的なガイドラインの例「Meeting Guidelines」

共同創造 Co-production は、なんらかの実践を考えたり作り上げる場面でなされるものだと思います。
そして、たとえば研究を共同創造していく際のガイダンスを以前ご紹介しました。(共同創造は、何かを一緒に作り上げるときに、共同創造によってよりよいものになる、というものだと思うので、作り上げるものが何であっても良いのだと思います。)

今回ご紹介するのは、Trauma Informed Oregonという、米国オレゴン州の組織で、トラウマの影響を念頭に置いたケア、あるいはトラウマに配慮したケア(トラウマインフォームドケア)を作り上げていくために、大学、公的機関、民間機関、さまざまな経験をしてきた方々や家族で協力し合う組織が、望ましいケア(トラウマに配慮したケア)を考えていくワーキンググループのあり方について、ウェブサイトで公開している資料です。

Trauma Informed Care Workgroup Meeting Guidelines」(トラウマに配慮したケアを作り上げていくためのワーキンググループのためのガイドライン)
2016年のガイドライン資料.PDF (アクセス:2020年6月8日)
には、コプロダクションという言葉は一言も出てこないのですが、でも、ここで言われていることは、まさに共同創造をするにあたって必要なことなのではないかと思い、自分のメモも兼ねてここに載せておく次第です。

Trauma Informed Oregon
Trauma Informed Care Workgroup Meeting Guidelines
2016年のガイドライン資料.PDF

意訳:

トラウマの影響に配慮したケアについて考えるワーキンググループをやっていくとなったときに、考慮するとよいことはたくさんあります。ワーキンググループを構成し進めていく際に以下の問いを考えるとよいかもしれません。

1) さまざまな経験や視点を確保するために十分な多様性、人数のメンバー構成となっているか?

  1. なっていないとしたら、どのようにこれを改善する?
  2. その状態でも進めていくことができるか?進めていくとしたら、何を考慮する必要があるか?

2) この会議で決定をしていく際にトラウマインフォームドなプロセスを採用しているか?

  1. 参加しているどのメンバーも、自分の意見を他者に聞いてもらう機会がある、インクルーシブな場となっているか?誰か1-2人の人ばかりが話していないか?
  2. 異なる視点を検討するのに十分な時間を使っているか?
  3. 安全とパワーについてオープンに話したか?このプロセスをいかに安全にできるかについて考えているか?

3) 参加者の頭に今浮かんでいることを聞けるよう、参加している個々人の発言(チェックイン)をするスペースがあるか?

  1. 次の行動ステップへ進むためにチェックインの時間を適切に制限しているか

4) 自分たち自身が学び、実践を続けているか?(自分たちの組織の中で私たち自身が率先して実践していくために)

  1. 毎回会議の冒頭で、前回からの間に目にしたトラウマインフォームドな実践を紹介することをやってみるのはどうだろう
  2. 難しかった状況とトラウマの影響を結びつけて考えてみるのはどうだろう(たとえば、この状況はトラウマの影響とどのように関連しているだろう?トラウマの影響を受けている人達に対する支援を提供したい私たちだからこそ、この状況について考えることが重要なのでは)
  3. 自分たちが学び続けるために、情報や文献の共有などをする?

5) 解決策ややるべきことができあがってきたときに、それらを組織やコミュニティ、管理者に見せるプロセスはあるか?

  1. どのようにやりとりする?何を?
  2. 責任者は?
  3. それはいつ?
  4. フィードバックを求めるとしたら、そのフィードバックをどのように生かすか?
  5. このやりとりを全てのスタッフや管理者が学ぶために使う?

6) 私たちはワーキンググループのなかで対立や意見の違いが出てきたときにどうするかについて話しているか?

  1. 対立が起きたときの行動規範を作っていたとしたら、その規範通りの行動をしているか?

東京大学 コプロダクション研究チーム 宮本有紀

—————————————-

研究チームの印象に残ったこと・自由な感想

  • 4)が少しわかりにくい
  • → たぶん、4)-1は、毎回の会議でTIC実践を紹介することで、TICについて考えるグループのメンバーそれぞれがTIC実践をしたり、まわりのTIC実践に敏感になるなどがありそう。

  • ガイドラインって、ルールとも違いそう。規則、みたいに押し付けられるものでもない。
  • 「〇〇するべき」みたいに言いたいわけではないのでしょうね。
  • こういったものを見て、それぞれのグループで柔軟に考えて発展させていく、そんなものなのかも。

共同創造 Co-production 資料04: NHS「co-productionモデル」のリーフレット(5つの価値観、7つのステップ)

今回は、英国の“NHS(National Health Service)England”(国民保健サービス)のwebサイトで公開されている「co-productionモデル」についてのリーフレットをご紹介いたします。
https://www.england.nhs.uk/participation/resources/co-production-resources/
(アクセス:2020年3月19日)
(NHS Englandは、イングランドの公的医療サービスを担う組織です。)

このリーフレットでは、co-productionを実現していくための「5つの価値観」や「7つのステップ」が紹介されています。

「5つの価値観」としては…
◇全員がco-productionを体得し、理解し、支えていくこと
◇開かれた公正な文化
◇権力を市民と分かち合い、決断を市民と共に行うよう、最大限努めること
◇分かりやすい言葉による明快なコミュニケーション
◇誰もが価値を認められ尊重される文化
といった5点が挙げられています。

さらに「7つのステップ」として…
① リーダーからco-productionを支持するという合意を得る。
② ヘルスケアサービスの利用者や、介護者、地域の人々を、開かれた公正な方法で募集する。その際、疎外されがちな集団を含めるために、確かな対策を講じる。
③ 人々がそれぞれに成す貢献を認め、それに報いるためのシステムを整備する。
④ co-productionが真のインパクトをもたらしうる領域を見定め、プロジェクトをデザインする最も早期の段階から市民をとりこんでいく。
⑤ co-productionが「自分たちのやりかた」だと言えるようになるまで、co-productionを行動計画に組み込んでいく
⑥ 全員がco-productionとは何かを理解しそれがどのように起こるかを分かるようになるまで、スタッフや市民をトレーニングし育てていく。
⑦ 定期的に進展を振り返り報告する。「誰かに言われてする」ではなく「自ら言ったことを実現する」という状態を目指して。
と記されています。
co-productionを実現していくためのヒントのひとつとして、ご紹介してみました。

東京大学 コプロダクション研究チーム 小川亮
—————————————-

研究チームの印象に残ったこと・自由な感想

共同創造 Co-production 資料03: INVOLVE「研究におけるco-production(共同創造)についてのガイダンス」

今回は、英国の“INVOLVE”という団体により公開された「研究におけるco-production(共同創造)についてのガイダンス」(Guidance on co-producing a research project)をご紹介いたします。
https://www.invo.org.uk/posttypepublication/guidance-on-co-producing-a-research-project/
(アクセス:2020年2月20日)

INVOLVEは、1996年にイギリスの国立衛生研究所(the National Institute for Health Research)により設立され、医療保健福祉領域における市民参画を支援することを目的としています。

2018年2月に公開されたこのガイダンスでは、医療保健福祉領域の「研究」がテーマとされており、研究を共同創造していくうえで大切なこと、そのための方法、乗り越えるべき課題などが紹介されています。

たとえば冒頭には…
「研究を共同創造することは、研究者、臨床家、市民が、プロジェクトの初めから終わりまで(知見を生み出すというところまで含めて)、権限や責任を分かち合いながら力を合わせて取り組んでいくことである」
…と記されています。

大切な原則としては…
・権限を分かち合う
・あらゆる視点や技能を含みこむ
・共に働く仲間の知に、敬意を払い価値を置く-誰もが等しく大切である
・互恵性-共に働く仲間同士、誰もが互いに得るものがある
・関係を築き維持する-共通理解や合意を形成し、役割や責任を明確にすることが必要となる
…といった点が挙げられていました。

研究における共同創造を考え実践していくうえでの貴重な資料のひとつとして、ご紹介させていただきました。

東京大学 コプロダクション研究チーム 小川亮
—————————————-

研究チームの印象に残ったこと・自由な感想

  • コプロダクションの資料は多数あるが、これは研究におけるコプロダクションを扱っている
  • 患者市民参画(Patient Public Involvement: PPI)研究と研究におけるコプロダクションの重なりを整理してみたい
  • Respecting and valuing the knowledge of all those working together on the research という考えが好き