イギリスのリカバリーカレッジ

英国のリカバリーカレッジについて、メモ。

英国最初のリカバリーカレッジ
South West London Recovery College 
http://www.swlstg-tr.nhs.uk/south-west-london-recovery-college
開始:2010年9月から
(出典:http://www.swlstg-tr.nhs.uk/recovery-college-who-we-are

英国2番目
Nottingham Recovery College
http://www.nottinghamshirehealthcare.nhs.uk/nottingham-recovery-college
開始:2011年
(出典:http://www.nottinghamshirehealthcare.nhs.uk/recovery-blog/how-does-a-recovery-college-make-a-difference-1504 この中の文章ではSouth West Londonは2009年開始となっている)

英国3番目
CNWL Recovery & Wellbeing College (元の名はCNWL Recovery College)
http://www.cnwl.nhs.uk/recovery-college/
CNWL = Central North West London
開始:2012年4月
(出典:http://www.cnwl.nhs.uk/recovery-college/

英国では、2016年7月にイングランドだけで35のリカバリーカレッジがある。
(ImROC http://imroc.org/ の方からの私信で宮本確認)

201609

リカバリーカレッジの特徴(宮本の考えるもの)

  1.  「学び」からリカバリーに取り組む
    従来の医療福祉モデルとは異なる
  2.  当事者と専門職の力を合わせる (Co-production=共同制作)
    自分で選択して学んだり楽しんだりする場。

処方されたり、何かを覚えさせられたり教育されたりするのではなく、自分で学びたいこと、参加したいものを選ぶ。
支援の対象者としてサービスを利用するのではなく、カレッジで提供される講義の受講者として参加する。

リカバリーカレッジの運営や、講義の企画、進行は、イギリスでは全て当事者と専門職の力を合わせてなされている。

20160526Mtg

リカバリーカレッジ
教えられる場ではなく、
自分がしたいと思えることを試してみることのできる場

マインドフルネスも教えてもらうのではなくて、やってみようかなと思ったら体験してみる、というような。
なので、誰か講師に来てもらうというよりも マインドフルネスのガイドのCDなどをかけて、
スタッフ(ピアトレーナーも専門職トレーナーも)も、 試してみることのできるような。
Co-productionだし。

音はマインドフルになりやすいかも。

自分はこれをするとマインドフルになりやすいものを持ち寄って、ただやる。
そこで紹介する必要はない。
ただ、やるだけ。
たとえば、編み物とか、塗り絵とか、写経とか、掃除、食器洗い、お茶、コーヒーを淹れる、音楽、

その心(コンセプトなど)は

  1. 協働。学生とか講師とか垣根なくみなが持ってくる→対等。
  2. 主体性。自分で選んだ、自分にいいと思うことを自分でやる。
  3. 他の人のものを見ることで、自分の視野、選択肢が広げる。
  4. 頭を使わない、言語を使うと頭を使ってしまうのであれこれ説明しない。
  5. マインドフルネスは、クラスの中だけでなく、日常の中
  6. 場がマインドフルであることの力。

心静かになれることをやる、というような言葉。

エビデンス、とか、ガイドライン、とかやり方、とかマインドフルネスとか
そのような言葉を使うと頭が動いてしまう。

自分で選んだ治療は効果が高い。
ということを知っていることは大事だけれど、
あれこれ説明をする、効能を伝えるのではなく、自分たちがそれを感じていればよい?

それから ピアトレーナーとか専門職トレーナーという言い方なども今後検討が必要である。

このブログ
ほかのRCに関心のあるかもしれない人にも読んでもらうとうれしいかも。